Caminhos Cruzados*

十字路* 今日も素敵な出逢いがありますように* Kyoko's Blog

〜Parabéns!! 〜

 

昨年の10/10から一年。

しろ太が家に来てから1年、8/31で一歳を迎えました。

あんなに小さくて両手にすっぽり収まるくらいの大きさだったのに    

今や・・

なんと5.4kgまでに成長しました!  

 

毎晩甘えておなかをフミフミしに来ますが

正直、お米袋の重さはなかなかのものがあります

勢いづいて近くからダイブされると若干うなるレベル。。

毎日見ていたのに

いつの間にこんなに大きくなったのか・・

食欲旺盛で とても元気です

 

それにしても猫の表情は 本当に豊かで

見ていて飽きない

しっぽの動きひとつ まばたきひとつ 動作ひとつで

ああ何か今こんな気分だろうなーと感じたり

なんとなく読める気になっていたけれど

 

この前ふと、

そう言えば彼とは一度も日本語で会話していないんだ、と

当たり前の事を思い出し

猫には猫の、彼には彼しか分からない世界があって

そうじゃないー!って言いたいことも山ほどあるんだろうな〜なんて

ぼんやり思いました

 

この一年のコミュニケーションは

彼なりの言葉で伝えられ

私たちなりに汲みとって生活して来たけれど

これからは言葉なんかじゃなくても

お互いにしか分からない動作とか独自の領域で

やりとり出来たらおもしろいな

 

      相変わらず箱や袋が大好き → 

 

 

   

 

                 

 

 

いつも笑わせてくれるしろたん(←いつの間にか普段ウチではこの呼び名に。。)

これからも元気に過ごそうね

お誕生日おめでとう!

 

              

 

 

 


〜 ありがたみ。 〜

今年のある一日だけで

花粉が去年の400倍飛んだとのニュースを見ました 花風邪

 

そのせいなのか

 

5月になって間もなく 両方の鼻がまったく通らなくなってしまいました 

まったく通らない。。

何の香りもしないと 何を食べているか味さえもわからないのですね

 

通常どちら側かが詰まるのは正常らしいのですが

寝る時も 食べる時も とにかくずっと詰まっていたので

呼吸が上手く出来ない

かと言って口で呼吸したくない・・

鼻が機能しないとこんなに困るんだなという事に気づきました

 

耳鼻科でCTを取るも

副鼻腔炎ではなく 少しアレルギーの症状からか腫れがあり

器官が狭くなっているとの事で

噴射するタイプの薬を2週間ほど使用して

どちらも復活しました

最近の薬って素晴らしいです・・

 

鼻の重要さなんてあまり考えた事がなかったけれど

この季節の香りとか 毎日の珈琲の香りとか

普段当たり前すぎて 鼻で息が出来ないなんて考えた事もなく・・

出来なくなってから始めて気が付くものです

普段そこにある ありがたみ。

正常に働いてくれる身体 精神に

本当に感謝しないといけないなと感じました

 

「何か問題が起きた時、神様は自分に何が言いたいのかを問う」

小学校の頃 担任ではなかったけれど

当時まだ若かったクリスチャンの鈴木恭一先生が言っていた言葉

こういう言葉は結構覚えているもので

時折々で思い出すものです

 

食生活 一日の流れ 若いころよりはだいぶ変わったけれど

きっとまだまだ自分の健康を考える事が足りないのかもしれません

勢いがあれば無理して仕事を進めることも有るし

忙しさにかまけて自分の体調は二の次になります

 

でも その後には決まって確実に何か吸い取られた感があったり

じわじわ時間を追って 「おとしまえ」が来ます。。

 

実は昨年 少し身体を壊した時期がありました

病気は原因や要因があって

いきなり出来るものではなく じわじわ数年かけて作られるもの、とは先生のお言葉

若いころ 適当な生活をしてきたツケかもしれません

今は完治していますが だからこそ言えるのは

メンテナンスは早いうち、という事です

 

物も壊れるように

人間も数十年生きたらガタが来るはずだと思います

完璧にいつまでも壊れないものなどなく

都度リペア リペア

修復するしかないのです

 

自己治癒出来ることには限度があり

プロの方の腕をお借りするしか

どうしようもないこともあります

 

完治したら

あとは自分を労わる時間を考えてみたり 食事を見直してみたり

繋げて下さった事に感謝して 大事にする

 

100年前には出来なかった治療が

この時代に生きているからこそ受けれること

この国に生まれて この環境にいるからこそ受けれること

恵まれているな、と

治療を通しながら感じました

 

私たちには昔よりたくさんの情報もあり 選べて試せる自由があります

だからこそどうするかが問われている気がします

 

 

余談ですが

 

不思議な事に

自分が治ったと思ったら なんと今度はしろ太がアレルギーに。

少し様子を見ていましたが

左目の縁から少しずつ赤くなり涙目になっていきました

そしてつい1週間前 病院に連れて行きましたが

結膜炎ではなさそうだし

シーズン的に動物のアレルギーも多いようで

甲殻類、添加物、ダニ、花粉、小麦、、と多種多様・・

何に反応しているかをテストするには

猫の場合4万円 ネコaseほどかかるのでおすすめはしませんとの事

 

1か月交代で餌を変えていき、何を食べたら反応するか

ひとつひとつを探るしかないようです

 

現在 薬で腫れも引き 落ち着いてきましたが

変なところが 似てしまったようです

 

早く良くなりますようにDocomo118

 

 

 


〜 しろ太 〜

猫は1年目で、人間で言うと17歳分成長すると聞いたことがあって

どんな計算でそうなるのか

今でも不思議に思うところですが

前回にここで紹介してからの「しろ太」が

毎日、日に日に大きく

 

抱っこすると ずーんと来る重さ。。

 

高い所から降りる時の音も

軽やかなトン、じゃなくて

ゴン、という感じの 鈍い音

 

   → しろ太。

 

うちに来た時には500gも体重がなかったのに

生後半年であっという間に3.3Kg

毎日50gくらいのごはんで これだけ増えていくなんて!

歯も乳歯から永久歯へ 丁度生え変わっているようで

先日 いくつか落ちた歯を目撃しました。4本ほど。

 

       思わず収集 → 

       色々噛んでいるうちに 予定より早く取れてしまったのかも。

 

 

猫によってこんなに個性も豊かで・・

人間と同じなんですね

 

来た時から噛みグセがあるなとは思っていたのですが

収まることなくグレードアップしています

ケンカっぱやく

ちょっと叱ったら逆ギレ わざわざ追いかけてきてガブリ。

腕も足も小さな傷が多くなったので

今年の夏は人並みの露出が厳しそうな。

 

変わっているといえば

今までの猫や大抵の猫は嫌がりましたが

ハミガキ粉が好きです

キシリトールなどが入っていると毒にもなるので手の届かない場所へ収納です

 

またある日は こしょうやガラムマサラの瓶をぺろぺろ・・

コンソメや いい香りのハンドクリームも大好きで

・・全て手の届かない場所や 冷蔵庫行きです。。

 

↓バックが好き

→バックが好き

 

なんとなく置いていた花もおあずけ

 

先日マフラーやひざ掛けのフリンジも食べていたので

チョキチョキしましたはさみ

さようならフリンジ

 

                

 

 

先週無事に去勢手術も済みました

本当に手術をしたのか・・

 

数時間後には廊下の端から端まで大運動会

おまけにごはんがいつもと同じでは足りないのか

夜中にざりざりと変な音がするようなと覗いたら

炊飯器の上蓋を一生懸命舐めていました・・

     

会話が出来る機会があったら色々聴いてみたい今日この頃です

 

  

 

 


〜 九州 〜

こちらはざっくりと グルメ記事ですDocomo118

 

先日九州で頂いたものが 美味しかったので ご紹介

今まで食べたことのない 鳥のレバーのお刺身が

もう 絶品でした

塩にごま油を入れて 牛のレバ刺しのように頂くスタイルです

 

頂いたのは 西鉄平尾駅にあるフルヤという鶏料理屋さんでした

実は いつもお世話になっているスタッフご親族の方が

去年OPENされたお店だそうなのですが

TVで紹介される程 地元の方の穴場スポットになっているようです  

 

                    

                   ↑左上から時計回りに

                                                           つくね、鳥刺し(レバー)、らっきょうのキムチ漬け、

                    焼鳥、煮込み、お通しの鳥刺しと、〆のトリュフのせ鳥ごはん

 

↑めんたいやさんのラーメン

 

                  

                 ↑「MASTARS CAFE」の

                                                     博多明太子と卵のタルタルチーズプレスサンド

                  全て産地や食材にこだわったお店

                  せっかくなので九州のものに。まるごとひとはら明太子と

                  つまんでご卵という卵で作った自家製タルタルと溶けるチーズ入り

 

さらに お土産までも・・

宿泊した夜にちょうど TVで明太子特集をしていたようで

主人に頼まれるがまま「い津み」の明太子を博多空港内で購入

この明太子は青唐辛子で味漬けてあって

今までとは違った香りが楽しめました

売店には 九州限定の明太子やお酒 生菓子なども沢山あるので

是非 時間がある際はオススメです

 

振り返ってみると

スタジオでPianoを弾いた時間よりも食べた時間の方が

明らかに多かったですね・・

 

いつかまた 色々楽しみにして行きたいと思いますDocomo118

                 

 


〜 Minha Familia 〜

いつか また

猫と生活する日が来ると思っていました

 

歴代の実家の猫はみんな 近所で産まれたり土手で拾われたりして

いつの間にか常に生活の中に居ました

ウチがみんな猫好きな家族だと知って

小さな猫が入れられたダンボールが家の前に置かれていた日もありました

 

実家を離れてから マンション生活になり

猫と密着できる生活も消えて

つい ペットショップを覗いてしまったりするのですが

いつも何とも言えない気持ちで

店を出る時には 哀しい気分が混じるのでした

 

そうして数年経ち。

 

先日、お世話になっている会社の方が開口1番

猫飼わないかな?!と

 

そして トントンと お話も進み

この度ご縁があって家族になる事になった「しろ太」です

 

おなかが丸々しているから、と 主人が命名しました。

白地に牛柄みたいな模様で黒ドットはキジ柄になっています

 

保護当時はこんな感じ↓

 

         

  

  

保護された方も、最初は何の生き物か分からなかったようです

夏終わりで雨も降っていたらしく 身体は泥まみれ

母猫とはぐれて身体も冷えて 手遅れになれば 他の動物に狙われる危険も

 

他3匹の猫たちは結果的に残念ながから助かりませんでした

 

常にぴょんぴょん飛び跳ねて元気いっぱい

やっと2カ月経ち、先日ワクチンも打ちました

 

生活も変わり

朝方にしろ太がおなかを空かせて起きるので 合わせて起きるようになりました

夜更かしをする事が多かったのですが 絶対的にお猫様優先です

 

花器もおもちゃになるので仕舞い混みです

 

この後ろ姿。まる〜いあたまがかわいいです。 

 

     

 

性格は超甘えん坊で 誰かといるのが大好きです

カミカミ癖もあるけど きっと歯の生え変わりのせいかも・・

何にでもぶつかって行きます(しかも モモンガみたいにジャンプしながら)

人間ならきっと常に青あざだらけのはず・・

こんな体勢で↑

興奮すると横にぴょんぴょん飛んで行く姿がおもしろいです

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

先日タレントさんがピアノを競い合う番組で楽譜をアレンジさせて頂いたのですが、

勝ち抜き戦の決勝用だったようで 流れませんでした 残念。

次回があったら使用して頂けますように☆

今度は ある小学校の校歌の作曲

色々思い出すうちに久しぶりに地元の小学校に戻りたくなりました

まだ時間があるので、昔を色々辿りながら創る予定です

 

 

そしてそして 今週11/18土曜日は

大田区の久が原にあるCafe「Cafe de Mell」さんでBGM演奏です

オリジナル曲と映画音楽のアレンジで熊さんとのDuoになります

楽しんで来ます☆

 

 

 

 

 


〜 Sting 〜

久しぶりの更新になります

blogを見て下さって 有難うございます き

 

昨年後半から少し 忙しくなって来ました

CD参加 社歌や学校校歌 合唱曲のアレンジ 定期的な依頼も頂き始め

毎度毎度 1曲ずつ向き合い

毎回音楽と向き合い個人面談しているような気持ちになる事があります

 

彫刻家のように素材の木や石を手に取って 直接掘り続ける作業ではないのですが

シンセの鍵盤を伝って 頭の中にある音をカタチ化していく意味では

1つ1つの機材選びから 音選び

浮かんだ音をどう表現していくかまでの選択は

間接的ながらも 似ている部分があるような気がします

 

不思議なのは お仕事を頂くたびに

世の中には色々なneedsがあるのだな、と感心せずにはいられません

依頼内容を聴くだけで

クラシックのバラードを和風っぽくする、とか

犬猫をテーマとした音楽を、などと言われると

「どうして必要なのか」

を感じると同時に 毎回どう調理しようかと

その瞬間からわくわくしている自分がいます

 

 

話は変わりますが

昨年 チェロの熊さんと再会して

オリジナル曲のユニットを一緒に作り あらたに活動を始めたところです

快く受けて下さった熊さんには 本当に心から感謝してます

色々な方に熊さんの音色を聴いて欲しい思いです

それぞれの仕事の合間をぬいながらの活動になりますが

これから楽しみな事の一つです ♪

実はひそかに今年の始めに1度Liveをしたのですが

良い感じになる気がしています

おいおいLiveも組んで行きたいです

 

 

さて 明日はStingのLive        

ポリスの頃から大好きだったSting

10代の頃から自分の世界に住んでいた音楽が

それから進化や変化はありながらも 目の前で聴けることは

どうにも表現出来ないくらい嬉しいです

昨年出たアルバムに付いていたDVDの中のインタビューは

とても価値ある映像でした

探求心なくして音楽無し

経験の中で感じて来たすべてが音楽になると感じる

それがいつか歌詞として 音として

出会ってきた人とのサウンドによって自分も更新されていく

けれど

経験して知識を得ていく事も必要だし

若いころ無意識に出していた瞬発力みたいなものも無くしてはならない

そんな内容が含まれていた気がします

クリエイティブに生きる人間にとって

次は何をしたら良いかいつも追われながらいる気持ちについても語っていました

佇まい 姿勢 魂 素敵です

 

明日は 楽しんで来ますキラキラ 

                                  

                           

 

                            

 

 

 

 

 

  
   

 


〜 Mimosa Day 〜


先日ギターの露木達也さんにお誘い頂き、数年ぶりに録音してきました
自由が丘のスタジオ兼「ギャラリー悠」さん
時間が止まってる感じのとっても素敵な場所でした
店主服部さん、エンジニアの滝口さんとの出会いに感謝です

こんな時に 限り風邪のなごりを残してしまい、歌は今回仮撮りとなりましたが
出来上がりの露木さんの音の選び方重なり方絡み方は
やっぱり素敵だなと思いました
シェイカーやタンタンも重ねて入れて頂いて
頭の中のイメージを、よりクリアにして頂いた感じ!ギター
好きな雰囲気  ノリやグルーヴ感 あたたかみ

こういうものは機械では織りなせないだろうと、改めて感じます
その一瞬の間に、例えば人間ゆえの迷いを込める とか
その一瞬の気持ちよさゆえに ハナウタが出ちゃったり
・・・なんて事が いつか機械の中にプログラミングされたら・・
ちょっと気味悪いような。。



そういえば最近リュック・ベッソンのLucyという映画を見ました映画映画
人間の脳は普段 3%くらいしか使われていないそうですが
主人公のスカーレット・ヨハンソンが薬によって知識や潜在能力を高めながら
脳の使用率100%に近づいて行く話です
人間の脳がどの程度使われた時にどんな能力が持てるのかというのは
これからも暫く未知な話だと思いますが

知識は人間の経験という時間に勝てるのか
知識のみを積んだ機械は どこまでプレイヤーとしての表現が可能か
それを考えると
痛みや喜びから生まれる感情 それによって創られる人間の何かとは
一つも無駄なものはない事になるんだろうなと・・
映画や芝居を見たりDTMと向き合ったり ギターの生音を聴きながら
最近ふとそんなことを思ったりしてました


話変わって 今日はミモザの日とかキラキラ
昨日大切な友人たちとおしゃべりをしていたら明日はミモザの日らしいし!って事でミモザ入りの花をもらいました。
ミモザの日?
ミモザといえば昔、黄色いレモン味風味の砂糖菓子があって
母がケーキの上にたまに乗せてくれたのを思い出します

                                → この黄色い金平糖位の大きさの花!!  

イタリアでは旬の花、ミモザを男性が女性に感謝の気持ちを込めてプレゼントを贈る日だそう。
「女性感謝の日」みたいなものでしょうかはてな
この日のイタリアの女性は、家事から解放されて、女ともだちとディナーを楽しむのが一般的だそうです
女子会?

男性から女性へ、女性同士でも贈りあう。ちなみに花言葉は「友情」だそうです。
気持ちでささやかな花を贈り合うって粋ですね花花
昨日は誕生日のお祝いをしてもらいましたキャンドル 
素敵な記念日をありがとう〜ケーキ大切な人、友人にも感謝のミモザの日。
来年は私から贈ってみようかな。



 

Esta Verão.


もう秋の気配ですね。

この夏、海も川も行けませんでしたが、毎年恒例   電車の窓から花火見物花火花火
ささやかではありますが
思いがけず大好きな川村忠晴さんの個展にも行けたので満足しています

地元にも一泊ですが帰省して来ました
改めて田舎さを味わって来たので 少しだけ写真をUpしますね。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


家の前に着いて車の戸を開けた瞬間、、
どこかでかいだことのある香り・・
これは・・
よもぎ餅!!
無造作に生えた雑草が犯人でした。

                  まだまだ残る 花畑です → 





    

                   ←  実家の玄関を開けたらネコがお出迎えしてくれました。
                      家族の一員に!
                                                           癒し系のオス猫、茶々です。
                                                           この時は近所の猫とケンカして拗ねていたらしいです、、   
       
                                              


                                                                                           
                                                                                                  
                       カボチャとキュウリが裏庭の空中庭園に!  →   
                       カボチャがぶらさがっているのは初めて見ました。




   
  
                                                   →   こちらはお隣さんの畑で採れたスイカを頂いたもの。
                    初物、甘くてとても瑞々しいスイカでしたすいか
                                                 ご馳走さまですDocomo118



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


今年も色々な夏の形。夏も旬ものを 沢山頂きました。

Estava muito Gostoso !!


 

〜 Locor de Ume este ano. 今年の梅酒 〜


こんにちは

先日の風邪が治りかけ
やっと深呼吸が普通に出来るようになりました

病院に行って抗生剤をもらいましたが
ハナにスコープを入れてのどを見てもらうと 声帯が傷ついていると・・

しばらくハナウタはおろか 声も出せず
声帯をあまり痛めるともとに戻らない話も聴いたので
あんまり派手に咳をしないようにしていたのですが・・
まだ本調子ではないのか 声が違う感があります
多分 自分にしか判らない感じ

少しばかりの咳くらいでは変わらないはずですが
お酒やタバコ、歌などで喉を使いすぎると声帯が傷つく話は良く聴きます

毎日すこしずつ出せる音域が広くなることに 少し安心感で
ここのところ気が向いたら一人で ギター片手に唄える歌 ひとつ ふたつ

夏風邪は本当に厄介!
皆さんも気をつけて下さいね

寝苦しくなっていますが
寝ている間の冷房や扇風機は「熱をうばう=身体の水分をうばってしまう」事になり
起きた時にはぐったり
運動もしていないのに一汗かいたような状態になるので
身体がだるくなるのだそう
起き掛けのトイレで尿が少なくなっていたら水分が取られている証拠なので
こまめに水分補給しかないようです・・

本当に人間の身体って 7割が水なんだなぁ・・なんて
改めて思ってしまいます
ひからびないように 気をつけなくちゃ


こちらはお酒 水分補給の一つ、になるでしょうか・・
季節もので今年も黒糖で作りました
梅酒です

 
                    


氷砂糖、グラニュー糖や三温糖もあるけれど
黒糖は風味とコクがあって とても美味しい

来年はハチミツで作ってみたいです  



                           
                          
      


〜 風邪 〜

 

梅雨に入りましたね

先日知人の披露宴パーティーがあり、

半日 袖なしドレスで歩いていた際に、みごと風邪をキャッチしてしまったようです。

Catch a cold という表現は判りやすい。。

汗が出るのに 寒いし 身体の中も混乱してるのかなぁ。。

一昨夜 人の多いところでしばし話をしていたら

今日は全く声が出なくなってしまいました。。

ただのひと言、、とはいえ されどのひと言
〜です とか 〜ですか? とか
あるトーンのラインが声を出しても出てくれない・・
・・なんてこった
これでは相手には肝心なところが わかりません

あれ いつもと違うな とか お気の毒的な感じでは察して頂けているものの
電話の向こうには通じず・・

 

普段 薬を飲まないで治す派ですが

悪化は困るな、、と引き出しを探ると一年期限の切れたクスリが !!

おかげで声以外は元気になりました

幸いな事に 食欲はたっぷり有り

先日タイフェスティバルに行った友人からもらった グリーンカレーペーストの残りがあったので タイカレーを作りました

                       

先日作った時はあまりに激辛だったので
今回はココナッツパウダーやハチミツ、豆乳を加えてみました
それでもかなり刺激的な味

普段出せない味 だけどやっぱり美味しい 

これで一気に治さないと!

 


1/6pages >>

about

www.bossa-a-beca.com Bossa á beça
BossaNovaを中心に、ピアノ、インストルメンタル、Electronica、様々なジャンルでオリジナル曲を作っています。Ambientな空間を目指しているユニットです。
Bossa á beça web site

Kyoko
中村恭子。ポルトガル語をAndreaValesca、ピアノを故赤津里佳子、作曲を藤原豊に師事。

www.bossa-a-beca.com

categories

calender

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

archives

links

others

search this site.
qrcode