Caminhos Cruzados*

十字路* 今日も素敵な出逢いがありますように* Kyoko's Blog

〜 Um Sonho 〜

去年作曲して 今年録音した小学校の校歌

「いつか現地へ行って、皆の唄声を聴きに行きたい」

実は先日早々に、その願いが叶いました

 

今月の頭に、小学校の創立記念集会という式典に招待され

講演という形で学校を訪れる形となったのです

 

数か月前から決まっていた流れとは言え

生徒会、弁論大会など、幼い頃から登壇するような事は極力避けて過ごしてきた自分にとって

この大役に多大な戸惑いもありましたが

戸惑いよりも 思いは伝えなければならないという使命感もあり

当日は時折ピアノを使いながらの質疑応答など

 

当日の体育館には700人の生徒、そして400人程のご父兄がいらっしゃいました

 

「生徒たちはみんなこの歌が大好き」始まる前に校長先生が仰って下さり

式開始間もなく小学生たちが体全体を揺らしながら とっても元気に歌っているのを見たとき

自分がまったく想像していなかった世界がそこにはあり

鳥肌が立つ、という表現では足りないくらいに

大きな喜びを感じました

「音楽には命があり、運命がある。そして多分寿命もある」

この登壇で話したブラジルの作曲家、シコ・ブアルキの言葉でもあります。

この校歌はまだ生まれたばかりですが、この先、数十年受け継がれていく幸せな運命を持った曲だと信じています

そう話してきました。

素晴らしい時間を頂くことが出来て、本当に今までの流れに感謝しています

 

 

今年はこの登壇で終わり!と思っていたら

とあるレーベルさんから年明けLive用コード譜21曲のオーダーが。。しかも12/31までの締め切りで。

およそ2週間・・外出もある。。

地味にきっつーい。。でも、やる。

 

カッコイイ曲はキメどころも多いので、結構時間がかかる

見やすい譜面、見て美しい譜面にする為に、多少センスも問われたり。

ちょっとの位置ズレなども修正。音楽とは別な職人みたいになってます・・

別件校歌の編曲録音なども入り、案件が重なると一気に白髪が増えたような気分に。

ずっと座りっぱなしだからか結果ギックリ腰。。

 

なぜ?なぜ年末にみんなに駆け込むのか

淡々と目の前に在る出来る事をこなし

昨日、何とか仕上げて提出&終了。

 

今日は朝から大掃除も済んで、

今やっと落ちついて年を迎える準備が整い始め

毎年恒例の黒豆作り開始しました

 

来年もコツコツと手を抜かず自分と向き合う。

ここ最近、一年が本当にあっという間に過ぎてしまうけれど

来年も誰にとっても自分にとっても素晴らしい時間が沢山ありますように☆

今年もお疲れ様でした!

 

 


comment








   
trackback URL
trackback

about

www.bossa-a-beca.com Bossa á beça
BossaNovaを中心に、ピアノ、インストルメンタル、Electronica、様々なジャンルでオリジナル曲を作っています。Ambientな空間を目指しているユニットです。
Bossa á beça web site

Kyoko
中村恭子。ポルトガル語をAndreaValesca、ピアノを故赤津里佳子、作曲を藤原豊に師事。

www.bossa-a-beca.com

categories

calender

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

archives

links

others

search this site.
qrcode